Wi-Fiと無線LAN

「Wi-Fiって何?」「無線LANと何が違うの?」あなたはこうした質問に答えられますか? もし答えられなかったとしても、ただWi-Fiを利用するには何の支障もありません。
それほどWi-Fiは私たちの身の回りに張り巡らされているのです。
Wi-Fiとは無線LANの規格の一つです。
厳密に言えば無線LANの中で『Wi-Fi CERTIFIEDロゴ』を冠したものだけがWi-Fiということになるのですが、両者はほぼ同じものと考えて良いでしょう。

私たちがWi-Fiを利用する場合、そのスタイルは大きく分けて三つあります。
一つはWi-Fiサービスを提供しているプロバイダーと契約し、ルーター(モバイルルーターやポケットルーターと呼ばれる持ち運び可能な小型のものと、据え置き型のものがあります)という機械を経由してWi-Fi接続を行う場合、二つ目は携帯電話会社などが無償で提供していたルーター(据え置き型/SoftBankのFONやauのCUBEなど。
両者は既に無償配布を終了していますが、ルーター自体は現在でも使用可能です)を利用する場合、三つ目は地下鉄や空港、カフェやファーストフード店、家電量販店、各携帯電話キャリアのショップなどが施設内に設けている公共のWi-Fi環境を使う場合です。

このうち、一つ目の通信会社と契約してWi-Fi環境を築く場合、利用者はあなた自身か、ご自身と家族ということになるでしょう。
この場合、通信時に必要なコードやパスワードが設定できますし、不特定多数の人が接続する可能性は少ないので比較的安心できます。
問題は二つ目と三つ目のWi-Fi環境に接続する場合です。
これらはセキュリティー面での問題が発生する場合が多いので注意が必要です。
大きな施設や企業が設けているWi-Fi環境からといって過信せず、十分な知識と注意をもって「自分のデータは自分で守る」くらいの気持ちで利用したいものです。



[TOPIC]
安全性などを考えながらモバイルwifiの比較ができるサイトです ・・・> モバイルwifiの比較